サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

蒼天の拳 は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

蒼天の拳

今日ご紹介する漫画は、蒼天の拳です。

蒼天の拳は原哲夫先生です。

概要は北斗の拳の過去を描く物語で、週刊コミックバンチ創刊時の2001年から同誌の目玉タイトルとして連載されている。

ただ、ストーリーや設定には北斗の拳と相容れない部分が多く、厳密な意味での前日談ではない。

基本的な設定と世界観のみ共有するスピンオフ作品の色彩がかなり強いものである。

北斗の拳と同じく原哲夫が作画し、またストーリーも今回は堀江信彦が書いている。

前作『北斗の拳』で原作執筆を担当していた武論尊は今回「監修」にまわり、具体的な関与はしていない。

真偽の断定は避けるが、本作では前作のような豪快過激な暴力描写や、武士道やキリスト教的感傷性豊富な教訓譚などはあまり見られず、絵以外、明らかに基本的作風が異なる。

主人公は北斗神拳伝承者の霞拳志郎で、北斗の拳のケンシロウの2代前の伝承者であり、ケンシロウの伯父に当たる。

霞拳志郎の性格付けは、同じく原哲夫による連載漫画公権力横領捜査官 中坊林太郎に近く、原の現在のヒーローの理想像を窺うことができる。

舞台設定は1935年頃の主に上海。日本を含め海外の列強勢力が多く入り込んでいる当時の中国の状況を踏まえ、様々な社会的立場のキャラクターが登場する点は、文明崩壊し単純化された世界を舞台とした北斗の拳との大きな違いの一つ。

一方、それらのキャラクター同士の接触・対話の比重が多いため、北斗の拳ほどには北斗神拳を駆使して戦うといった場面は見られない。しかしながら、北斗神拳のライバルたちのルーツを辿るストーリーはファンを中心に見逃せないものとなっており、南斗聖拳を髣髴とさせる新たな流派、極十字聖拳の登場はファンを喜ばせた。

このような内容です。

| 漫画概要

蒼天の拳は参考になりましたか?

この漫画に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
漫族解析のリンクについて
リンク自由に設置して頂いて結構です☆
宜しければ以下のタグをご使用下さい!!
<<[前]カバチタレ!
>>[次]バケツでごはん

漫族解析のTOPへ
"蒼天の拳"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む
スラムダンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。