サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

ジャンプ感想(35-3) は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

ジャンプ感想(35-3)

今週の週刊少年ジャンプからの紹介漫画その3はアイシールド21です。

今回のアイシールドは実に美しき野獣よの回でした。

ついに決勝を賭けた西部ワイルドガンマンズ対白秋ダイナソーズの決戦当日。

峨王はキッドの目を見てNo1争いから逃げて勝ちに喰らいつく覇気も感じられない腐った目をしてると言い出します。

それを聞いたキッドは陸や鉄馬は勝ちに喰らいついてるし自分もここまできたら絶対にあれにいくつもりでいるといいます。

あれとはクリスマスボール。

期待しすぎるとろくなことがないといい続けた男が自分なりの意地を見せます。

峨王はこの試合を1プレーで終わらせるとマルコに宣言してついに試合開始。

その1プレー目でなんとキッドの秘策が炸裂。

峨王をとめられないならとめようとするのでなくその人員をパスの受けてとして使い峨王がキッドにたどり着く前に神速のショートパスでかわすというものでした。

自分の早撃ちだけが頼りの全プレーノーガードの殴り合い。

果たしてこの試合どうなってしまうのか。

来週もこの漫画に注目です。

| ジャンプ系

ジャンプ感想(35-3)は参考になりましたか?

この漫画に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
漫族解析のリンクについて
リンク自由に設置して頂いて結構です☆
宜しければ以下のタグをご使用下さい!!
<<[前]ジャンプ感想(35-2)
>>[次]ジャンプ感想(35-4)

漫族解析のTOPへ
"ジャンプ感想(35-3)"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む
スラムダンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。