サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

ジャンプ感想(34-6) は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

ジャンプ感想(34-6)

今週の週刊少年ジャンプからの紹介漫画その6はぼくのわたしの勇者学です。

今週は中身は何だ!?ドキドキBOX!!の回でした。

相変わらず刺のある男鋼野は学校に来て一ヶ月経っても全く学校になじんでいなかった。

また勇気を試すといって変な企画を考えてきた鋼野。

なんと今回はTVでおなじみの箱の中身をあてるゲームで正解者には賞金も出すと言い出す鋼野。

しかし、前回も同様のことを言って賞金を出さなかった鋼野に生徒達は誓約書を書いてくれといいますが頑なに拒み逆に切れ始め今度は不正解者に罰ゲームまで付けると言い出します。

その罰ゲームが肘にパンチを入れるというものでした。

はじめの挑戦者秋山が惜しくも不正解。

続いての挑戦者はなんとまさゆき。

散々カッコをつけながらも箱を前にびびりまくるまさゆき。

結局まさゆきも正解できず答えはなんとデストロイバッファロー。

正解できるわけがない。

来週もこの漫画の展開に注目です。

| ジャンプ系

ジャンプ感想(34-6)は参考になりましたか?

この漫画に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
漫族解析のリンクについて
リンク自由に設置して頂いて結構です☆
宜しければ以下のタグをご使用下さい!!
<<[前]ジャンプ感想(34-5)
>>[次]ジャンプ感想(34-7)

漫族解析のTOPへ
"ジャンプ感想(34-6)"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む
スラムダンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。