サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

ジャンプ感想(33-7) は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

ジャンプ感想(33-7)

今週の週刊少年ジャンプからの紹介漫画その7は新連載のSKETDANCEです。

この作品は篠原健太先生の新連載です。

今回のスケット・ダンスはペンキ仮面の回でした。

スケット団とは学生のトラブルを解決するというシンプルな活動をしている部でした。

そのスケット団のリーダーボッスンこと藤崎佑介が転入生に杉原をスケット団に勧誘しようとします。

ボッスンと武道派の女の子鬼塚一愛通称ヒメコ、笛吹和義通称スイッチによって構成されるスケット団。

そんな中転入生の杉原がペンキをかけられる事件が発生します。

これを解決しようと動き出スケット団。

捜査をするうちにこの事件が杉原が小学校時代にいじめられていた城ヶ崎にスケット団にペンキをかけろといわれて仕方なく自作自演した事件だということが判明します。

この事件を見事に解決して友達がいないという杉原の悩みまで解決して見事に解決したスケット団。

来週はどんな展開が待っているのかこの漫画に注目です。

| ジャンプ系

ジャンプ感想(33-7)は参考になりましたか?

この漫画に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
漫族解析のリンクについて
リンク自由に設置して頂いて結構です☆
宜しければ以下のタグをご使用下さい!!
<<[前]ジャンプ感想(33-6)
>>[次]ジャンプ感想(34-1)

漫族解析のTOPへ
"ジャンプ感想(33-7)"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む
スラムダンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。