サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

ジャンプ感想(33-4) は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

ジャンプ感想(33-4)

今週の週刊少年ジャンプからの紹介漫画その4はアイシールド21です。

今週のアイシールドはすべての敵に花束をの回でした。

王城との激闘の後にユニフォームを自分達で洗濯しているセナ達。

ついに決勝進出を決めた泥門でしたがまだ決勝の相手は決まっていませんでした。

地区大会で泥門が敗戦している西部か白秋の勝者決勝を戦うことになります。

そんな状況の中なぜか白秋のマルコから決勝進出祝いの花束が届きます。

真意が読めないで困惑する泥門メンバーにある手紙が届きます。

白秋のマネージャーから手紙が届きます。

西部の陸とセナが白秋のマネージャーから呼び出されていました。

なんとマネージャーの要求は白秋戦は途中で棄権してくれというものでした。

峨王によって怪我をするような選手は見たくないというものでした。

しかし、そんな話をしてる中に峨王とマルコが現れます。

一体セナ達はどうなってしまうのか。

来週のこの漫画にも注目です。

| ジャンプ系

ジャンプ感想(33-4)は参考になりましたか?

この漫画に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
漫族解析のリンクについて
リンク自由に設置して頂いて結構です☆
宜しければ以下のタグをご使用下さい!!
<<[前]ジャンプ感想(33-3)
>>[次]ジャンプ感想(33-5)

漫族解析のTOPへ
"ジャンプ感想(33-4)"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む
スラムダンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。