サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

ジャンプ感想(33-3) は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

ジャンプ感想(33-3)

今週の週刊少年ジャンプからの紹介漫画その3はNARUTOです。

今回のナルトは究極芸術の回でした。

写輪眼でデイダラの作戦をすべて見破っていたサスケ。

ほとんどの力を使い果たしたデイダラにサスケはイタチはどこにいるのかと詰め寄ります。

デイダラはサスケ自身も力がほとんど残っていないのに余裕の表情を見せ自分の芸術に驚かないところが気に食わないといいますがそれを聞いてもサスケは表情を変えません。

デイダラは自分の究極芸術でサスケを爆破しようとします。

その究極芸術とは自らが爆弾となり自爆してその爆発にサスケも巻き込んで共に死のうとします。

デイダラの最後の攻撃にサスケはどうなってしまうのか。

来週もこの漫画に注目です。

| ジャンプ系

ジャンプ感想(33-3)は参考になりましたか?

この漫画に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
漫族解析のリンクについて
リンク自由に設置して頂いて結構です☆
宜しければ以下のタグをご使用下さい!!
<<[前]ジャンプ感想(33-2)
>>[次]ジャンプ感想(33-4)

漫族解析のTOPへ
"ジャンプ感想(33-3)"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む
スラムダンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。