サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

ジャンプ感想(30-5) は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

ジャンプ感想(30-5)

今週の週刊少年ジャンプからの紹介漫画その5はアイシールド21です。

今週は刹那のモノローグの回でした。

タイムアップしてしまい倒された時点でゲームオーバーの状況でボール保持者は足が特別速いわけでもなく最強王城ディフェンスをかいくぐれるとも思えないモン太。

この絶体絶命のピンチにエースランナーセナは逆サイドにいるという状況。

ヒル魔は必死に対抗策を考えますが今セナをボールの方に呼びもどすタイムロスで完全に王城ディフェンスに捕まってしまうと冷静に分析します。

しかし、セナはヒル魔が作戦を考えてると信じて指示が出る前にボールの方へ駆けつけてきます。

指示待ちのタイムロスをすることがなくなった分ヒル魔は秘策を思いつきます。

セナ、瀧、モン太、ヒル魔が固まり誰がボールを持っているかわからない状況にするキラー・ホーネット。

王城側は常識で考えればセナが持っていくに決まっていますがここまで何度も奇策を行なってきたヒル魔の作戦だけに一瞬の迷いが生じます。

その隙に王城ディフェンスをかいくぐるセナ。

ついに最終局面。

進VSアイシールド21の最強決定戦。

果たしてこの対決に勝つのは。

来週もこの漫画に注目です。

| ジャンプ系

ジャンプ感想(30-5)は参考になりましたか?

この漫画に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
漫族解析のリンクについて
リンク自由に設置して頂いて結構です☆
宜しければ以下のタグをご使用下さい!!
<<[前]ジャンプ感想(30-4)
>>[次]ジャンプ感想(30-6)

漫族解析のTOPへ
"ジャンプ感想(30-5)"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む
スラムダンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。