サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

ジャンプ感想(30-2) は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

ジャンプ感想(30-2)

今週の週刊少年ジャンプからの紹介漫画その2はBLEACHです。

今回のBLEACHはJugulators2の回でした。

グリムジョーは自分のことを殺す気でかかってこない一護にたいして不満をぶつけます。

グリムジョーは何のために虚圏に来たかと一護にたずねます。

一護は当然井上を助けるためだと答えますがグリムジョーは一護は本能的に虚圏に戦いに来てるのだといいます。

まけた側が皆殺しにされるそんな状況だから戦うしかないといいます。

徐々に力を出す一護ですがまだ足りないといってグリムジョーは十刃にしか許されていない最強の虚閃である王虚の閃光(グランド・レイ・セロ)を井上たちがいる方に向けて放ちます。

これを守るために一護が虚化。

ようやく納得したようなグリムジョー。

これからの戦いはどうなるのか次回もこの漫画に注目です。

| ジャンプ系

ジャンプ感想(30-2)は参考になりましたか?

この漫画に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
漫族解析のリンクについて
リンク自由に設置して頂いて結構です☆
宜しければ以下のタグをご使用下さい!!
<<[前]ジャンプ感想(30-1)
>>[次]ジャンプ感想(30-3)

漫族解析のTOPへ
"ジャンプ感想(30-2)"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む
スラムダンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。