サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

ジャンプ感想(28-4) は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

ジャンプ感想(28-4)

今週のジャンプからの紹介漫画その4はテニスの王子様です。

今回は雷と陰の回でした。

手塚の手塚ゾーンの描く円が真田の攻撃でぶれてリズムを崩されかけていました。

手塚はついに百錬自得の極みを発動します。

手塚が百錬自得の極みを封印していたように真田も手塚対策に技を封印していました。

一つ目が雷。

落雷にも似たほぼ直角に曲がる打球を打ち込みます。

この技に対抗するために手塚は才気煥発の極みを出します。

しかし、二つ目の奥義陰はさまざまな行動パターンをにおわすことで先読み不可能な状態に手塚を追い詰めます。

真田の究極奥義「風林火陰山雷」を前に手塚の対抗策は。

来週もこの漫画に注目です。

| ジャンプ系

ジャンプ感想(28-4)は参考になりましたか?

この漫画に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
漫族解析のリンクについて
リンク自由に設置して頂いて結構です☆
宜しければ以下のタグをご使用下さい!!
<<[前]ジャンプ感想(28-3)
>>[次]ジャンプ感想(28-5)

漫族解析のTOPへ
"ジャンプ感想(28-4)"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む
スラムダンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。