サンデー系 マガジン系 漫画クイズ 漫画解析 マニアックネタ ジャンプ系

漫族解析 は漫画ファンの管理人による漫画レビューサイトです。

ジャンプ感想(22・23号−1)

今週のジャンプからの紹介漫画はその1はNARUTOです。サスケはついに檻の中に閉じ込められていた狂気の殺人鬼重吾に会うことに成功します。大蛇丸を倒したサスケは重吾に自分の旅についてくるように言います。しかし重吾はこれ以上自分が人を殺すような事をしたくないとかたくなにサスケの申し出を聞こうとしません。重吾のその衝動が現れたときにはそれをとめてやると宣言します。これを無理だといっていた重吾でしたが君麻呂と…

ジャンプ感想(22・23号−1)の全文を読む

北斗の拳

先日ラオウ昇魂式なるイベントが都内某所でありました。こんなギャグ的なイベントを結構格式の高そうなお寺でやっていました。こんな漫画のキャラの葬式を大々的に行ったのはあしたのジョーの力石以来じゃないでしょうか。このイベントの時も多くのファンが詰め掛けた伝説のイベントとなりました。ラオウとは北斗の拳の漫画シリーズや映画やスロットなどにも登場するケンシロウの兄弟子で最強のライバルでもありました。強敵と書…

北斗の拳の全文を読む

ジャンプ感想(21-4)

今週のジャンプからの紹介漫画その4は銀魂です。今週の銀魂は長所と短所は紙一重の回でした。今週は近藤を暗殺しようとした伊藤に対して沖田が怒りをあらわにして近藤の重臣である副隊長の座は土方でもなく伊藤でもなく自分のものにするためだけにあえて土方を裏切り伊藤の仲間になったように見せかけていました。邪魔な土方が消えた今近藤を殺し自分が隊長になろうとした伊藤が邪魔になり今度は近藤を守りかつ自分が副長になる…

ジャンプ感想(21-4)の全文を読む

ジャンプ感想(21-3)

今週のジャンプからの紹介漫画3はバレーボール使い郷田です。今週のバーレーボール使い郷田は田中ゆーじろーの回でした。田中ゆーじろーとは郷田と同じクラスの学級代表で芸人を目指すお笑いで笑わないクラスメートである氷湊クルという田中のギャグに一度も笑ってくれない女だったからです。その田中がもう一人嫌いな人物といえばその人物こそが郷田豪が田中のボケの作戦を狂わした男だからでした。このことで田中は豪と氷湊を…

ジャンプ感想(21-3)の全文を読む

ジャンプ感想(21-2)

今週のジャンプからの紹介漫画その2はONE PIECEです。今週はくもり時々ホネの回でした。先週に引き続き今回もサンジに似た犬ペンギンがナミ達を助けます。やはりこのペンギンの発言もどこか抜けているというか天然的なところがあります。しかし女の子にはけりをかましたりしませんがなぜかウソップ達男どもには躊躇なくけりを入れてきます。どうやら記憶が完全にあるというわけではないようです。アブサロムという透明人間になれ…

ジャンプ感想(21-2)の全文を読む

ジャンプ感想(21-1)

今週のジャンプからの紹介漫画はアイシールド21です。今回のアイシールド21はその手に掴むものの回でした。セナが高速で敵を抜き去り新技で次々と倒していきます。しかし、最強選手進は足の速さでは全く変わらないセナに対して執念と努力する天才の本領でなんとか指先だけで追いつきます。桜庭は進が何が起ころうと必ず追いつくと信じて理屈ではないなにかを信じてモン太を振り切り進のカバーに行きます。進がなんとか追いついた…

ジャンプ感想(21-1)の全文を読む

アイシールド21

今日の漫画解析はアイシールド21についてです。この漫画の最大の謎とも言える本物のアイシールドとは一体誰なのか。最強プレイヤーとして進、阿含などが登場しましたが本物のアイシールドではないようです。予想としては関東大会が終わりその後のクリスマスボールの相手校に本物のアイシールドがいると予想していますが・・・。関東大会決勝は西部との試合になるのかそれとも高校最強のライン峨王力哉がいる白秋が上がってくるの…

アイシールド21の全文を読む

新世紀エヴァンゲリオン

今日のお勧め漫画は貞本義行先生の新世紀エヴァンゲリオンです。<ストーリー>時は2015年離れ離れに暮らしていた碇シンジと碇ゲンドウがゲンドウの急な呼び出しで再び会うことになった。ゲンドウはシンジにエヴァンゲリオンといわれる戦闘兵器エヴァンゲリオンの乗って人間に対して攻撃してくる使途と呼ばれる生命体を駆逐するためによばれたのだった。エヴァンゲリオンのパイロットには14歳の少年少女達が選ばれていた。ファー…

新世紀エヴァンゲリオンの全文を読む

ジャンプ感想(20-4)

今週のジャンプからの紹介漫画その4はテニスの王子様です。今週は山場が越えたということで番外編の焼肉の王子様というタイトルの回でした。相変わらず訳のわからない展開でしたが無駄な焼肉に関する知識を発揮する乾。無駄な味へのこだわりを持つ不二。大石がここでもなぞの知識、焼肉へのこだわりを見せます。焼肉奉行とかした大石は焼肉店に集まった全国大会の出場者達とのバトルを繰り広げられるバトルに勝つことが出来るの…

ジャンプ感想(20-4)の全文を読む

ジャンプ感想(20-3)

今週のジャンプから紹介漫画三本目は古味直志先生の恋の神様です。今回はジャンプからの大型新人としてデビューした古味先生の読み切りとして連載されました。恋の神さまはジャンプでは珍しい感じの完全恋愛漫画でした。ありがちな転校生がかわいい子でそれに恋愛に恋している主人公がいきなり告白します。転校生は木乃倉安子で主人公の土辺太一です。木乃倉安子はなんと神様に愛されてしまった女の子でこの子を好きになった男を…

ジャンプ感想(20-3)の全文を読む

ジャンプ感想(20-2)

今週のジャンプからの紹介漫画その2はONE PIECEです。今週のワンピは風のジゴロウの回でした。今回はルフィ達のグループの話だけでしたのでナミ達がどうなったかはわかりませんでした。ルフィは登場からよろいを着て登場してきます。これにサイボーグになったフランキーがつっこむとよろいがあったら着るのがロマンだと訳のわからない理論を振りまきます。これに対しなぜか納得したフランキーがサイボーグ鋼鉄旅情という謎の歌を…

ジャンプ感想(20-2)の全文を読む

ジャンプ感想(20-1)

今週のジャンプからの紹介漫画のアイシールド21はセナが見事に最強のラインバッカー進の必殺技トライデントタックルを腕の横から叩き落とすという一番合理的かつ唯一の手段を阿含をみて思いつくというよりは本能的に気付きます。しかし、それでも最強の男は0,2程度止めるのが限界でした。そのわずかな隙間が確かに最強王城の歯車を少しづつ狂わしていきます。その練習もせずに天から授かった才能のみを武器にしていた阿含をも熱…

ジャンプ感想(20-1)の全文を読む

テニスの王子様

一体どこ向かうかが最近全くわからなくなってきた感のあるテニスの王子様ですが。ミュージカルなども大変な人気があります。このまま全国大会優勝で連載終了か。それとも強引なアメリカ編などがあるか注目です。個人的な予想としてはアメリカにわたったリョーマの活躍を描く場面があると思います。コスプレなどの趣味の人にも大変人気なのでこのまま連載終了するとは思えませんがこのまま鬼のような技の応酬でもはやスポーツ漫画…

テニスの王子様の全文を読む

最強の早撃ち

シティーハンターのリョウ、ルパン三世の最高の相棒次元大介、ブラックキャットことトレイン。一体この三人が早撃ち勝負をしたら一体誰が勝つのでしょう。現実的に皆さんありえない狙撃力をお持ちですが冴羽獠は現実的な部分が多いので存在できそうな気がします。次元も無茶な狙撃設定はあまりない気がします。しかしトレインは不可能に近い狙撃力というか伝説的な要素が強い気がします。それぞれの作品のファンの方がいる…

最強の早撃ちの全文を読む

今週のジャンプ感想(19-4)

今週のアイシールド21は桜庭と進によるサジタリウスと呼ばれる無敵のコンビプレーに防戦一方で攻め手を欠きます。エベレストパスをショートでつなぎ桜庭の高い位置でのキャッチと着地点は進が守るという完璧なフォーメーションをしきます。二枚エースになった進と桜庭が泥門からタッチダウンを奪います。中央で高校最強プレイヤーである進がいるために雪光の必殺オプションルートも使えず、もはや泥門の残された攻撃手段はモン太…

今週のジャンプ感想(19-4)の全文を読む

今週のジャンプ感想(19号-3)

今週のONE PIECEはペローナの不思議の庭の回でした。今週はついにローラ、キャプテン・ジョンなのどのジェネラルゾンビ達がルフィ一味を倒すために動き出しました。リスキー兄弟とよべられるリス達がナミ達三人を棺に入れて運んでいる途中に運よくその棺を落としナミ達は外に出て目を覚ますことが出来ます。その時先週の侍に受けた傷が峰打ちだったことに気付きます。ウソップ達はベローナの庭で普通では考えられないような生物…

今週のジャンプ感想(19号-3)の全文を読む

今週のジャンプ感想(19-2)

今週の感想2は読み切りで掲載された内水融先生のアスクレピオスです。教会が絶対だった時代に教会が異端と認めたものはたとえなんであれ異端として排除されてきた時代が舞台の話です。重病人やけが人を鋭利な刃物で斬りつける切り裂き魔が現れたので教会はこれを悪としてサレルノ聖騎士団に討伐を要請する。サレルノ聖騎士団のエースであるルカの妹は重病におかされていたために教会が推奨する高額な薬に頼らざるしかなく金の亡…

今週のジャンプ感想(19-2)の全文を読む

今週のジャンプ感想(19号−1)

今週のテニスの王子様はテニスの王子達への回でした。果てしない打ち合いの結末はボールが二つに割れる両者引き分けという常軌を逸したすごい結末になりました。無我の奥にある天衣無縫の極みの扉を二人は垣間見ます。これを見て青学の天才不二が興奮していきます。これは立海戦に不二が覚醒する伏線でしょうか。しかしまさかのボールが割れての引き分けには驚きました。もはやスポーツ漫画の限界を超えた感があります。全国大会…

今週のジャンプ感想(19号−1)の全文を読む

るろうに剣心最強の男

和月伸宏先生のるろうに剣心の最強のキャラクターは一体誰なのか。これはある意味明らかな気がしますが・・・。あえて取り上げてみることにします。剣心に負けた四乃森蒼紫。剣心と互角が続いていた斉藤一。結果志々雄真は勝ち逃げみたいなものですが実力的には剣心と互角くらいでしょう。そして剣心の師匠である比古清十郎。剣心より圧倒的に実力が勝っています。蒼紫<剣心=斉藤=志々雄<<<<<<比古清十郎と言ったところ…

るろうに剣心最強の男の全文を読む

池袋ウエストゲートパーク

今日のお勧め漫画は原作石田衣良先生、漫画有藤せな先生の池袋ウエストゲートパークです。<ストーリー>果物屋の息子で池袋のストリートの事情を知り尽くしている真島マコトが高校時代の同級生であったG-BOYSのKINGである安藤タカシなどの力をかりてストリートで起こる警察では解決し得ない事件を自分達の正義によって解決に導いていきマコトはいつの間にか池袋のトラブルシューターになっていた。数々起こる解決不可能にも思え…

池袋ウエストゲートパークの全文を読む

>>キーワード別に読む
スラムダンク